歯科予防対策

安全な歯科医療の提供を目指します。

当院では、口の中に入れるピンセットや鏡は患者さんごとに袋に入れて滅菌(完全にウイルスが死んでしまっている状態)し、使用しております。
この滅菌処理を行っていないと、ウイルスなどの感染症をひきおこす可能性があります。特に歯を削る時に使用するドリルは、そのリスクが高いと議論されてきました。

このドリルは空気で回すため、その回転を止めた時に空気が逆流して器具の中に入ってしまいます。

同時に血液も吸い込んでしまうため、そのまま次の人に使用すると前の人の血液にウイルスが含まれていた場合、そのウイルスを次の人の口にまき散らすことになります。
このようなことがないよう当院では通常の滅菌装置に加え、次の2種類の感染予防のための機械を使用しております。

  • フレッシュケア
    (ドリルの中に油を通して物理的に吸ってしまった汚れを出す機械)
  • デンティスター
    (ドリルを簡単に滅菌することができる機械。通常の滅菌の機械は手間がかかるため大変です)

滅菌は高い温度と圧力にさらされるため道具がすぐに劣化してしまいますが、それでも、より「安全な歯科医療」のために努力してゆきたいと思います。

この削るドリル以外でも可能な限り、滅菌や使い捨てを行っております。
スリッパの殺菌はもちろん、手袋や診療台の頭のカバーも、患者さんごとに使い捨てを行っております。他人の頭の汗なども気にせずに座ることができます。

今後も、より安全で快適な歯科医療を提供してゆきたいと思います。

使い捨て患者さんごとに使い捨ての物
減菌機材患者さんごとに減菌の物
タービン感染のリスクが特に高いドリル
フレッシュケアタービンを短時間で
減菌できる機械
トップメニューへ戻る